古くなってしまった家を快適な住まいにリフォーム

ショールーム2(大人のリノベーション)

60代~80代の大人のリノベーションマウスの実験からわかることショールームのご予約について

60代~80代の大人のリノベーション

60代~80代の人が住みたくなる「大人のリノベーション」をテーマに、自然素材だけで作ったショールームがオープンしました。当社の1階西側に位置しております。基本的には木や土や植物といった自然素材だけを使って「健康」「長生き」「楽しい」「素敵」「感動」といったテーマで作りました。決して、特別な素材だけではなく、どこにでもある木や土や紙を使用し自然素材をうまく活用するということも心掛けてつくってあります。様々なところに工夫や仕掛けやアイディアがあって、ただ見るだけでも楽しいショールームとなっています。是非、一度ご覧になっていただければと思います。 ショールームは、実際の家のような機能がある空間に作ってあります。お客様の住まいのリノベーションにについての打合せにも、具体的なイメージが互いに伝達しやすいように、実際に「自然素材を見て触ってプロがアドバイス」というコンセプトで作られています。応接コーナー、ダイニングキッチン、トイレがあり、一番奥には茶室と露地まで作られています。ご家族やご友人と一緒にお越しいただきたいです。小さなお子様が遊べるキッズコーナーもあります。駐車場も10台分あり、お車でのご来館にも十分対応しております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

ショールーム中央部分

手前がリビング、奥がダイニング、左奥がキッチン、一番奥に茶室があります。壁にはスサ入り塗り壁、床はピーカンの無垢フローリング貼です。

茶室よりショールーム入口を見る

ダイニングテーブルの先に応接コーナーがあります。左側は杉板で作った収納棚で、その右奥に自然素材を並べた展示コーナーがあります。テーブルはウォールナット。

入口付近

のれんを潜ると大きな木製引戸がありますが、約100キロある引き戸はスライドドアーで軽く開閉できます。外壁は日本古来の杉板南京下見貼

入口展示コーナー

無垢のフローリングや珍しいカラフルなタイル等の見本があります。

ウッディな造り付のキッチン

レンガタイルはヨーロッパの古いタイルをスライスしたもの

本棚

正面の本棚も全て無垢板貼になっていて天然材はパイン材に白色塗装仕上げとなっています。

作り付テーブル

陳列コーナーにある木片の木の一枚板のテーブル

キッズコーナー

展示コーナーの奥にあるキッズコーナーは、子供達のための図鑑や絵本があり、大人が打合せている時に子供達はここで過ごします。

入口付近

コンクリートで型どった鉢植えに紅葉を中心にクリスマスローズとニューサイラン等を植えました

丸窓

「大人のリノベーション」ショールームは、1階写真左側で大きな丸窓のある杉板南京下見板貼側です。写真右側は陳列ケースとなっていて、中央部分がショールーム入口となります。

丸窓

ショールームより外部の丸窓を見たところ、右側に様々な天然素材の見本が並べてある。丸窓は船から海中を見る感じがします。

植栽

吊り下げられた吹抜けにグリーンは特別な雰囲気があります。無垢のフローリングや珍しいタイルのサンプルが置いてあります。奥にはキッズコーナーがあり、お子様とご一緒にお越し頂けます。

和室

茶室入口の脇に多機能な造り付デスクが設置されています。右側には茶室の下地窓が埋め込まれています。

和室

ショールームの一番奥にある2帖の茶室の広さは千利休の作った待庵の広さを再現しました。デザインは当社のオリジナル

サニタリールーム

壁はグリーンとイエローのクラックタイルを2色使いました。床はクラシックな磁器タイル、洗面化粧台は造り付で洗面器と便器はLIXIL社製


60代~80代の大人のリノベーションマウスの実験からわかることショールームのご予約について

1987年に静岡大学農学部 伊藤晴康教授が行ったマウスの実験からわかること。

木の家に住むということは、長生きと健康につながると言われています。


木とコンクリートと金属、居住環境としてはどれが健康に良いか?


昭和61年9月に発表された静岡大学農学部のマウスを使った実験報告は、科学的に「木材の居住性が一番優れていること」を証明したものとして注目されています。 この実験は、ハツカネズミをヒノキの木箱、コンクリート製箱、亜鉛鉄板製箱(いずれも大きさは同じで、そこに木屑を敷き、天井は金網)の中で飼育して、その成長状態や生存率(死亡率)、生殖器の発達状態などを観察、研究したものです。


コンクリートの箱は死亡率が高いというマウスの実験


その結果分ったことは、コンクリート製箱では仔ネズミはあちこちに散乱しており、母親は仔ネズミの世話をする気配が全く無く、そのうち仔ネズミは冷たくなって死んでいき、中には仔ネズミを食い殺す母親もいました。 その点、木製の箱では、子ネズミを要領よくまとめて哺乳させ、仔に対する気配りも良くし、順調に育ちました。 生後23日間の仔の生存率は次のとおりです。
木製箱・・・85.1%
金属製箱・・・41%
コンクリート製箱・・・6.8%

コンクリート製箱で生まれた仔ネズミ130匹のうち生後23日まで生き残ったのはわずか9匹で、死亡率が圧倒的に高いことが分りました。

実験結果では、木製箱で飼育されたマウスが良く育つ


金属製箱やコンクリート製箱の仔ネズミは成長が悪く、解剖して各種臓器の重量を測定したところ、メスでは卵巣や子宮、オスでは精巣の重量が軽く、臓器の発達も悪いことが分りました。(日本住宅新聞第397号より)

このような実験が数多くなされれば、木材を使った住宅がいかに健康に役立つかが科学的に証明されるでしょう。
現在のところ、ネズミの実験データが、そのまま人間に当てはまるという根拠はありませんが、無視出来ない実験です。


島根大学の中尾哲也先生の「鉄筋コンクリート造集合住宅の住人は9年早く死ぬ」という著書
もある。


島根大学の中尾哲也先生の著書では、「鉄筋コンクリート造集合住宅の住人は9年早く死ぬ」というデータが発表されています。上記のマウスの実験結果を重ね合わせれば、非常に説得力をもちます。



60代~80代の大人のリノベーションマウスの実験からわかることショールームのご予約について

ショールームのご予約について

ショールームご来場の際は、なるべく電話又はメールでご連絡ください。予約の方優先となります。

住所 〒190-0013 東京都立川市富士見町1-8-5 MKDグループビル
電話番号 042-523-1366 
メール lifa@minoda-kenchiku.co.jp 
営業時間 9:00~18:00
年始年末、夏季休暇以外年中無休
24時間365日電話受付は可能です
電車・バスでのご来場 【電車】
JR青梅線

『西立川駅』下車 徒歩8分
JR中央線
『立川駅』下車 徒歩15分

【バス】
バス停
富士見町1丁目バス停にて下車 徒歩3分

地図 アクセス


立川駅北口からバスでお越しの場合のご案内

▼ 立川駅バスのりばご案内

  • 立川駅北口バス乗り場 10番乗場より拝島営業所、昭島駅南口、拝島駅、東中神駅行のいずれかにご乗車ください。
  • 富士見町1丁目バス停にて下車


▼ 富士見町1丁目バス停から当社まで

富士見町1丁目バス停より、徒歩3分

  1. 富士見町1丁目バス停にて下車後、直進。
    ファミリーマートが角にある交差点を左折します。
  2. そのまましばらく直進します。途中、小さい踏切を渡ります。
  3. 信号のある道路に出ましたら右折。
    すぐに当社の第1本社ビルが見えます。
   
   
   
ご契約まですべて無料!お電話でのお問合せ 0120-5000-25(24時間365日受付)
リフォームの事、住まいでお困りの事など、お気軽にご相談ください! メールでのお問合せ