二世帯住宅リフォーム 家族みんなが理想の暮らしを出来る住まいづくり

ちかごろ二世帯リフォームを検討される方が増えています。共働きの子世帯にとっては、育児や家事をサポートしてくれる親はとてもありがたい存在。一方、親世帯も、子世帯との同居で暮らしの安心感を得られます。

1階:親世帯 / 2階:子世帯 の二世帯住宅リフォーム事例

3人の子どもたちとの団地暮らしに限界を感じたYさんは、同時にご両親の老後を案じていました。
そこで、二世帯同居を提案して、実家をリフォーム。2階部分を大幅に増築し、家族みんなが明るく暮らせる空間を実現しました。

2階部分は、増築によって床面積を拡大。吹き抜けのある大きなLDKには2つのロフトがあり、収納性も抜群です。栗の無垢材を使用したフローリングもこだわったポイントのひとつ。

すべての部屋に目が届く、開放的なキッチンとなっています。料理をしながら小さなお子様たちを見守られます。

ランドリースペースは、白を基調に明るく清潔感のある空間に仕上げられています。奥に見えるドアは勝手口になっており、ご両親が住む1階を通らなくても、外出することができる設計です。

タイプ別にみる二世帯住宅

ひとくちに二世帯住宅といってもタイプは色々ですが、大きく3つのタイプに分類することができます。

完全分離の二世帯住宅~玄関も水廻りも全て分ける二世帯住宅~(A)

全て完璧に分けるタイプの二世帯住宅。適度な距離とプライバシーを保ちます。

外階段を付けて2階をリフォーム。独立した子世帯エリアをつくる。

【世帯それぞれの玄関】
雨でも濡れない屋根がついた出入り用の外階段を設置しました。手前は両親の住む1階の入り口。

【子世帯玄関を内側から見る】
造り付けの玄関収納は、真ん中がディスプレイ用の飾り棚にもなり、3人分の靴なら余裕で収納できます。

【屋根裏をとり、吹き抜け天井にした子世帯リビング】

【独立した子世帯キッチン】

鍵付きドアを採用。お互いのプライバシーを確保。

お互いのスペースの入口に鍵付き建具を採用し、プライバシーを確保します。また、階段を共有部分とし上下に鍵付き建具を設置する場合もあります。
家の外を通らずとも行来きができるのが最大のメリットです。

セミ・二世帯住宅~メインの玄関を共有する二世帯住宅~(B)

メインの玄関は一緒で、キッチン・お風呂等の水廻りの一部を共有するタイプです。

メイン玄関(親世帯エリア)を通らずとも出入り可能な子世帯専用の勝手口

メインの玄関(写真左)は共有ですが、子世帯エリアのランドリースペース(写真右)には勝手口がついています。親世帯が住む1階を通らなくても、外出することができる設計です

子世帯には広々としたリビング、親世帯はバリアフリーに考慮したリフォームを

【明るく開放的な子世帯リビング】
いくつかの部屋をつなげて広いリビングをつくりました。

【子世帯に新設された水廻り】
子世帯エリアには、浴室・キッチンなどの水廻りを全て新設しました。

【段差をなくした親世帯入口】
ご両親の年齢を考え、1階のリフォームにあたっては、バリアフリーの配慮もされました。

完全同居タイプ~全てを共有する二世帯住宅~(C)

玄関や水廻りなど、全てを共有する二世帯住宅です。

完全同居といえども、ミニキッチンを子世帯あるいは親世帯に設置するなど、必要なプライバシーを確保できるような設計を心掛けています。

今、二世帯住宅に注目が集まっています!

あなたが二世帯住宅(同居)を選択した理由およびきっかけは何ですか?(複数回答可)

二世帯住宅に同居してよかったこと・親がいて助かっていることはありますか?
(共働き夫婦に取ったアンケート/複数回答可)

ご契約まですべて無料!お電話でのお問合せ 0120-5000-25(24時間365日受付)
二世帯住宅へのリフォームをお考えの方、お気軽にご相談ください!! メールでのお問合せ